せっかくの大学受験だし、ちょっと頑張ってみない?私の合格体験記/N高での大学受験

  • URLをコピーしました!

文=もえ(N高6期・ネットコース)

皆さんこんにちは!あと数日でN高を卒業するN/S高新聞ライターです。
もうすぐ春になりますね!春は出会いや別れの季節と言いますが、そんなのに関係なくやってくる難関があります。

受験です。(大号泣)

新高校3年生の皆さんは耳が痛いですよね。

私もつい最近まで受験生でしたが、その時に感じていたことがあります。それは『孤独』です。直接会って話せる受験生の仲間が少ないという孤独。
よく“団体戦”と称される受験を一人で乗りきるのは大変です。

ということで!
今回は、皆さんも感じるかもしれない『孤独』を解消すべく合格体験記を書きました!

受験は攻略法が分かれば必ず勝てるゲームです。この記事では、私がどのように『孤独』を解消し受験を乗りきったのかお伝えします!
いわばここは、通信制高校に通う受験生向け受験ゲームの攻略サイトです!

・第一志望:立教大学 理学部 数学科
・第二志望:名城大学 理工学部 数学科

目次

目次

  1. 6,7月
  2. 8月
  3. 9,10月
  4. 11月
  5. 12,1月
  6. 2月

6,7月

N/S高ではオンラインで『大学オンライン合同説明会』が開催されました。そこで見た立教大学に興味を持ちました。
立教大学のホームページを見ていると、私の行きたい数学科がある事が判明!!(運命の出会いです!)
 
テンションが上がったと同時に、立教大学に挑戦してみたいけど私が合格できるのかなと消極的な気持ちになりました。塾の先生に相談したいけど、「あなたの学力では無理です」と言われたらどうしよう……。

翌日、勇気を出して塾の先生に相談してみると、難しくはないと言ってもらえました!
この瞬間から私は立教大学に合格することしか考えなくなりました。

立教大学合格に向けた戦いの幕開けです!

8月

8月といったら夏休み!!!
……というわけにはいきません。夏休みは“受験の天王山”といわれるほど重要な時期です。受験生はここぞとばかりに勉強して自分のレベルを上げます。

そして受験生は、どこまでレベルアップしているか確かめなければなりません。
そうです。模試です。(泣)

模試、嫌ですよね。私もめちゃめちゃ嫌いでした。私が受けたのは「共通テスト模試」でしたが、共通テストの出題方法が大の苦手だったので、ただでさえクリアするのが難しい“模試”というステージに“共通テスト形式”の技を使ってくる敵がいるような最悪の状況でした。(泣)

「嫌だー!」と思っていても受けなければなりません。
とうとう模試当日になってしまいました。嫌だと思いすぎて、なんだかいつもより体調が悪い気がします。

そんななか受けた模試の結果は……?

『立教大学 D判定』

悔しい。めちゃめちゃ悔しいです。ですが、そんな悔しさとは裏腹に確信したことがあります。

「これ逆転合格ルートじゃん」

ちょうどこの頃、私はQuizKnockさんの記事(※1)を書いていて、須貝さんの「根拠のない自信を持ってください」という言葉を過剰に意識していたのです。
D判定が出ても、「私は立教大学に受かる人間だ」と常に思っていました。
信じられないくらい強気ですね。(笑)

※1:『教えてQuizKnock!〜勉強編〜/QK REPORTイベントレポ』(執筆:もえ)
QuizKnockさん主催の学生向け記者発表会QK REPORTのイベントレポート記事です。

9,10月

9月から過去問を解き始めました!
最初は半分も解けなかったですが、どれだけ解けなくても焦らずに「みんなも同じだ」と思うようにしていました。(思い込み大事)

ですが、どれだけ強気でいても孤独は感じてしまいます。そんな時は、友達が送ってくれた応援メッセージを読んでいました。何度も何度も読み返して「私には仲間がいる」と心に刻み込みました。

そしてこの頃から、N/S高新聞のメンバーが一足先に合格を勝ち取り始めました!
みんなの合格報告ほど力になるものはないですね。

11月

第二志望の名城大学の推薦が貰えたため、学校推薦型選抜を受験することになりました!
それに向けて、11月からは毎朝過去問を解くようにしていました。(ちゃんと時間も測っていたよ)

名城大学受験前日!!
凄まじい緊張で一日中泣きっぱなし。食事もままなりませんでした。
せめて早く寝ようと布団に入りますが、ものすごく緊張していたので寝られるわけもなく……。

とうとう当日になってしまいました。(泣)

頭が真っ白になりながらも何とか最後まで解ききりました。

試験終了後は「あそこ間違えちゃったな」に頭が支配されてしまうので、無理やりにでも他のことを考えるようにして、気持ちをリフレッシュさせました。

次は面接です!
面接にはとても自信があり、「面接官に私の思いを伝えるチャンス」という気持ちで挑みました。
(あくまで私の場合ですが)志望理由などの“よくある質問”は一切きかれずにずっと数学の話だったので、楽しく面接を終えることができました!

結果は……『合格』!!
これで安心して立教大学の一般入試に挑めます!

12,1月

名城大学に合格し安心したと同時に、「もう受験を辞めたい」と思うようになりました。
実は、名城大学の推薦を貰えてからは名城大学のことしか頭になく、立教大学のことを考える余裕がありませんでした。
その結果、立教大学への気持ちを忘れかけていたのです。

 「ここで受験をやめれば楽になる」という気持ちと「私が行きたいのは立教大学だ」という気持ちがぶつかり、何のために勉強しているのか分からなかったです。
一緒に勉強する仲間もいないので、この時期はとても辛かったです。

このままではダメだと思い、立教大学の生徒がYouTubeに投稿したvlog(※2)をめちゃめちゃ観ました!
受験生がYouTubeを観るなんて!と思う人もいると思いますが、私はYouTubeを観て心の健康を保っていました。(笑)

※2:video blogの略称。“一日の過ごし方”や“旅の様子”をYouTubeに投稿するのがトレンド。

vlogを見ることで立教大学への憧れが再び増し、受験への熱を取り戻せました。アドレナリン出まくりです。

これで立教大学に集中できると安心したのも束の間、次は共通テストがやってきます。(泣)
私は共通テストがとても苦手なので早く済ませてしまいたい、でも実力が足りているか不安でまだ試験日が来てほしくない。『早く終わってほしいけど、終わってほしくない』のループに陥っていました。(笑)

いよいよ本番!
緊張するかと思いきや、案外平気でした。むしろ「いつもより頭さえてない?」って思うほどです。
たぶん、名城大学の入試を経て緊張することに慣れたんだと思います。

共通テストは二日間に渡るので、どれだけ疲れずに全力を出しきるかが重要です。休憩時間はできるだけ脱力して、“コスパの良い共通テスト’’を目指しました!

共通テストも無事に終わり、残すは立教大学の一般入試のみです。
結果に心を乱されたくなくて、共通テストの自己採点は一切しませんでした。どんな問題が出たかも忘れるようにしました。

2月

立教大学の受験が近づいてきました。日に日に緊張や不安が募る中、「他の受験生も第一志望に合格しますように」と思うようにしていました。

立教大学は、“早慶の滑り止め’’として受験する人が多いです。その人たちが第一志望に合格すれば合格の枠に空きが出るので、「みんなが第一志望に合格して、合格の枠が空きますように」と思っていました。(笑)

決して、「他の受験生は落ちろ!!」のようなネガティブなことは考えないようにしていました。

いよいよ大本命!立教大学の受験当日です。 
当日も超強気に、「受かりに行ってきます」と思いながら受験会場へ足を運びました。
一緒に受験する友達はいなかったので、常に強気なことを考えて自分で自分を奮い立たせていました。

会場では、ずっと音楽を聞いていました。
「この分野出そうだよね。」
「立教大学は滑り止めだから。」
聞かない方が自分のためです。好きな音楽を聞いて、リラックスして本番を迎えられたら勝ちです!

試験終了!!

ついに私の受験が終わりました。
素直に「私、凄いことをしたな」って思いました。
受験を決めて、一年間努力して、最後までやり遂げた。こんな経験はしたことがなかったです。
あとは結果を待つだけ!

『合格』!!!

携帯のバグかと思い何回も合否確認ページを開き直しましたが、本当に合格していました!
途中で何度も投げ出したくなったけど、ここまでやってきて本当に良かったと心から思いました。

受験をするのはとても大変です。推薦や一般選抜に関わらず、さまざまな壁にあたります。
壁にあたっている時は「受験をすると決断したことがえらいんだよ」と自分を褒めてください。
通信制高校での受験は孤独です。自分を褒められるのは自分だけ。

でも、受験ってそんなに悪いものでもないです。受験が終わったら何しようかなって考えるだけで心が弾みます。

新高校3年生のみなさんには、これから決して楽ではない道のりが待っていると思います。
ですが、その一年はみなさんの人生に欠かせない一年になります。

人生でたぶん一度の大学受験。せっかくだから、ちょっと頑張ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次